スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊賀氏一族の其の後と加茂十三流荘官

伊賀氏縁故の家筋で御津郡北部七ヶ村旧加茂郷の地に加茂十三流荘官の家がありました。
何れも筋目正しき家柄で、その多くは伊賀左衛門久隆に縁がある家です。
 江戸時代、備前藩は、初期万治二年と寛文八年の二度に渡り、伊賀氏所縁の庄官どもが浪人して後も、家系、旧職を自負して権勢をはるので、民事上支障ありとし、各家系を書き上げさせ感状等の古文書を添えて代官所に差出させ取り上げました。
 そのため、岡山県中部の歴史に空白が生じたと云われています。

 伊賀左衛門佐殿御盃の次第
 一に 土井下総
 二に 鶴旨三郎兵衛
 三に 神原備中
 四に 河原六郎右ヱ門
 五に 新山民部
 六に 同(新山)平内

  右盃の次第如是也

 何れも伊賀氏の一族ですが

  その内、
  神原備中は病死
  同右京佐 同市兵衛共に作州にて戦死
  同越中は後、三村氏に仕え
  河原六郎右ヱ門は謀叛の嫌疑を以て殺され
  その子孫一時芸州に逃れていましたが、伊賀氏の滅亡後に帰郷
  新山は後に、宇喜多に仕えました。

そして、
  葛原、片山、菱川、河本、入沢、土井、河原、小林、鶴旨、津島、瀬尾、能勢、楢崎
 の十三家より先祖書、感状類を没収し、これを加茂十三流と呼びます。

 このうち河原と土井は筋目が二通りあります。
 すなわち、土井は伊賀河内守の二男三郎左衛門の系譜の家と伊予国土井備中守の末葉、土井相馬より出ている家
があり、
 河原は作州寺畠の城を切り落とした際、伊賀久隆が虎倉へ連れてきて、鍋谷城を与え、虎倉城の家老とした河原六郎右衛門、帯刀兄弟を元とする河原と、宇喜多直家の妹が伊賀久隆に嫁ぐ時、将軍家から宇喜多家へ預人となっていた河原源左衛門と弟宇兵衛兄弟が付き人として虎倉へ送られました。この兄弟は誠実で武勇に優れ、虎倉合戦にも活躍した人物で、この兄弟を元にした家です。

また、其の外に
  福島、黒瀬、小枝、富田、河原、近藤があります。
スポンサーサイト
カテゴリ
プロフィール

野楽人(のらくんど)

Author:野楽人(のらくんど)

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。