スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山県御津郡誌(大正十二年十月発行 御津郡教育会著)二百七十頁

吉川の伊賀に関する記述の抜粋

虎倉城落城と共に伊賀氏の一族中城を捨てて備中に遁れ去り吉川に入り此処にその生を終えたるものあり。その後を継ぐものあり。

毎年三月と八月の十六日に伊賀氏は先祖の霊を弔うために供養に出かけていた。
吉川の伊賀氏一族が虎倉からの落人だといっているだけでなく、虎倉地元の人もそれを信じているようです。

岡山県御津郡誌(大正十二年十月発行 御津教育会著)二百七十頁虎倉城及虎倉合戦 に次の記載があります。

「毎年三月十六日上房郡吉川村伊賀氏来りて供養す」


しかし、地方誌の記載を観ると 相当わるいやっちゃなあ

 伊賀久隆については、
  「天道その無道を悪み、幾ばくならずして宇喜多直家の臣難波半次郎の饞悪にかかって直家の爲めに毒殺されました。
 その子、与次郎これに抗し防戦しましたけれど戦敗れ天正七年正月虎倉を捨てて備中に遁れ去りました。
この時、伊賀の一族中吉川御堂の奥、河内田原を経て西荘田、千木の民家に忍び入り、ここに生を終えたるものあり。
 現在吉川にその後を継ぐものありとか言い伝えられています。

と記載されています。

 ようは、久隆公は悪いことばっかりするので、天罰がくだり宇喜多直家に誅され、その子は戦に負けて吉川に逃げ込み、民家に押し入ってそこに住みついた。そしてその子孫はたしかではないがいるらしいと言い伝えられている  ということらしい。
スポンサーサイト
カテゴリ
プロフィール

野楽人(のらくんど)

Author:野楽人(のらくんど)

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。