スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文明期の備前国 ―― 福岡合戦 ――

応仁から文明の頃の備前国について、
 「備前国は元来赤松の国なりければ政則入国を悦び民間にかくれし兵士時を得て、鹿田、菅の一族隊長となりて一揆を起し、福岡へ討入り是を攻む。松田権守元隆も浪人にて居たりしが打って出で新田の庄を取り固め福岡へ寄せんとす。(中略)政則勲功の侍に賞を与へ、昔の如く三石城に浦上則宗を置き、守護代とし、松田権守元隆も以前の如く伊福郷を領して、富山の城を築いて、是に置て備前を押へ国中を治め云々」

 備前国の動向は、主家赤松氏に代行して備前守護代浦上氏が上洛、赤松氏は京都より本国播磨の小塩城に帰城、備前は富山城の松田氏が守護代として取り仕切るようになりました。そして、文明十二年松田氏は金川に城を移して勢力を振い、赤松氏と疎遠となっていきました。
応仁の乱で衰微した山名氏も再び山陰を制し美作まで進出してきました。

文明十五年(1483)、守護赤松、浦上の福岡城を山名、松田の軍が攻めるという福岡合戦が切って落とされました。
原因は、松田氏が赤松氏に対し、よからぬ振舞があり赤松氏が松田氏の改易を協議していると伝えられ、是に松田氏が反発、「鎌倉以来の領地であり、赤松から改易を申しつけられる所以はない」として、隣国の友党同盟である伊賀氏にはかり、美作院ノ庄の山名政豊、備後の山名俊豊に援助の盟約を取りつけて戦の準備を行い、これに備前、備中、備後、安芸、伯耆、石見などの武士が加わり、その数六千騎といわれます。備中では庄氏、宮内備中守、長田では伊賀氏一族の伊賀修理亮が加わっています。
一方、赤松勢は、備前、播磨の軍勢に野伏も加わり、二千騎の軍勢となりました。
福岡城は邑久郡福岡の吉井川の川中の島山にあり、要害堅固で東西に大河が流れ、近辺の民屋一千余戸を構の中に取り入れ、其の外を二重三重に掘り究極の要害であるといわれる堅城で、小鴨大和守、浦上則国、浦上基景らが守っていました。

京の浦上則宗は赤松政則に福岡城へ援軍を送るよう要請し、赤松政則は福岡城に浦上則景の兵を送り、さらにそれと同時に赤松政則も山名氏の領地である但馬へと出兵するが政則の軍は山名勢に惨敗し逆にそれを追って山名勢が播磨へと押し寄せる事となりました。 この知らせを聞いた備前の赤松勢の士気の低下は大きく浦上則景は福岡城への援軍に駆けつけられず兵を引き返す事になり、また福岡城からも城から政則の元に重臣が逃げ出すなどの事態となったのです。
その混乱に乗じて松田元成と山名勢は福岡城を攻め、50日の籠城戦の末に福岡城を攻め落とす事に成功しました。

松田元成はその勢いに乗じて文明16年(1484年)2月、三石城へ攻めようとしましたが、途中吉井川の東の天王原において浦上則宗に攻撃され大敗し、磐梨郡弥上村山にて討死するという結果となりました。

福岡合戦の結果は、伊賀氏にとっては大きな敗北といっていい結果となりました。
即ち、備中分は友軍参加の庄氏に、美作分は有元氏に譲り、松田氏の赤坂郡を領有し、備前国は浦上、松田、伊賀の三者で分割領有となりました。

 「其ノ後左衛門次子伊賀山城守昌信エ城ヲ相渡ス、従天下其節知行所被替尋、備前国所々三分二被仰附候」(百控)
 これは三者で分割した事をいうが、福岡合戦参戦の諸氏の報酬として、松田氏への友好と義理から自分の領土を差し出して褒賞としたので、結果は伊賀氏の領土が大幅に減る事となったのです。
 宮内備中守は竹荘大原城の神原隆好、伊賀修理亮は伊賀兵庫頭の弟で下加茂鍋谷城城主であるといいます。
 虎倉城は以後、赤坂郡上道郡方面の備えを赤坂郡大鹿滝ノ城に置きました。

福岡合戦のさなか、播州国では、被官浦上則宗、小寺則職以下の有力な老臣が離反し、守護赤松政則を国外へ追放するという事態となり、赤松氏は壊滅しました。
しかし、五年後、領国回復に力を注いだ赤松氏は、播磨から山名政豊を追い出し旧領三国を回復しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

野楽人(のらくんど)

Author:野楽人(のらくんど)

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。