スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛利と宇喜多の和睦、明禅寺合戦の事

三村家親を破り、勢いに乗る宇喜多直家に対し、浦上宗景は直家の専横に心よからず、毛利輝元のもとへ使者を立て「近年、家臣の宇喜多直家が、主家をないがしろにして猛威をふるっています。これを誅罰いたしたいと存じますので、援兵をお送り下されたい」と援軍の派遣を申し入れました。
また、備中の三村家も「私どもは父家親を宇喜多のために討たれ、この仇を酬いたいと存じております。哀れと思いし召して御加勢下さいませ。宇喜多を討つのもこの恨みを晴らさんがため。御加勢を得て備前を従えることができれば、そのまま毛利家に進呈いたします。」と申し送りました。
この事を聞いた宇喜多直家は、今毛利と仲違いし近国の敵に加担されてはかなわないので「何とぞ浦上、三村を捨てて宇喜多に加勢されたい。加勢して頂ければ、備前半国をもってその御恩に酬いますと伝えました。
毛利元就は老衰し、吉川元春、小早川隆景兄弟が、元就に代わって取り仕切っており、評議の結果、「今後上方へ勢力を伸ばすためには、宇喜多直家に加担し、備前を味方に抱き込んでおくことが、行く末なにかと有利であろう」と判断し、「宇喜多と結び加勢するであろう」と返事がありました。

昨年の、父家親の仇を討つべく立った三村氏は、宇喜多の居城、沼城のすぐ西にある明禅寺山の砦を落とし、その北の滝ノ口城と呼応して沼城攻略に全力を傾注してきました。
 また、元備前勢であった金光与次郎、牧石の舟山城須々木豊前、中島城主中島大炊等も皆、三村氏に降伏し、頼みの富山城の松田氏は、金川城に引き籠ったまま日夜日蓮宗の念仏三昧に耽り、富山城下を毛利勢がわがもの顔に通行するのさえ許している状況でした。そのため、宇喜多氏にとっては、毛利氏との和睦は絶対に必要でした。

宇喜多直家は、三村方に属した侍たちに賄賂を贈り、謀をもって内通させました。金光与次郎、中島大炊らは内内に寝返り、須々木豊前も同意したので明禅寺城を預かる根矢、薬師寺のもとへも使者を送り、降参を勧告しました。降伏勧告拒否の回答を得た直家はこれ幸いと戦略をねり、後詰を出してくるであろう三村に対し誘い出し討ち取る作戦を立てました。そして、常に先手を取り備中勢を撹乱総崩れさせました。
宇喜多直家にとって生涯で一番華々しい勝ち戦となりました。

三村元親と戦い大勝利した宇喜多直家は毛利方に使者を送り、毛利の忠誠する事を伝えました。
毛利からは三村元親が阿波の三好家と結んだので三村追討のため備中へ発行するように指示があり、直家は喜んで備中へ続々と軍勢を繰り出しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

野楽人(のらくんど)

Author:野楽人(のらくんど)

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。