スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇喜多家老長船越中守が虎倉城主となる

虎倉城は秀吉の代官黒田官兵衛、蜂須賀彦右衛門が接収の後、宇喜多家に譲られ、宇喜多家の首席家老長船越中守が一万石余りで城主となり、其の後、度々の加増により三万七千余石を領するようになりました。
しかし、長船氏は、宇喜多秀家が幼少のため執政として政務の為、常は岡山にあって、虎倉城の在番は妹婿である長船氏家老の石原新太郎が預かっていました。
石原新太郎は、城中には居を置かず、広面村の西谷に館を構え、そこから登城して政務を執っていたと言われています。
長船氏は邑久の長船を根拠とした族で、古くから宇喜多氏と共に邑久地方で成長してきた宇喜多氏の譜代です。また、石原氏も牛窓で早くから長船氏と関わりのあった族です。

天正十二年、長船氏が虎倉城へ入場する直前、備中高松の役の結果、毛利氏側より譲られた地域を以て、宇喜多氏の家臣に対し、功賞が与えられ、夫々一万石以上となり、長船又右衛門は越中守、戸川助七郎達安は肥後守、浮田七郎兵衛忠家は出羽守、岡平内勝利は豊前守、明石三郎左衛門景親は飛騨守、花房彌左衛門正成は志摩守にそれぞれ叙爵し備作における宇喜多氏の前途華やかなりし成長の時期を迎えていたのです。

このような、時代の流れの中、伊賀家久を失った虎倉、長田庄の人々は何も変わる事はなく、伊賀の名跡は途絶えたけれど、旧勢力は概ねそのまま住しており、懐柔によって秩序は維持され、虎倉城主伊賀家以外は全て温存され、自然に新勢力に吸収同化されていったものと思われます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

野楽人(のらくんど)

Author:野楽人(のらくんど)

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。