スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎倉城麾下の諸城(3)

鍋谷城 (大手城)
城主  伊賀修理亮、河原六郎右ヱ門、片山宗兵衛

虎倉城大手から山稜を下り、白坂道を宇甘川に下りきった川向かいの西北に位置する白坂道側の大手防備の出城で北方防備の城です。
虎倉城にとっては、重要な城であり、伊賀兵庫頭行隆が虎倉城に居城するに伴い、この城を拓き、弟である伊賀修理亮を城主として在城させています。
伊賀修理亮は、金川城の松田左近将監元成が邑久郡福岡で合戦した際に、加勢して出陣した人物です。

伊賀久隆公の時代は、虎倉城の家老である河原氏の居城で、その後同じく家老の片山宗兵衛が城代を務めています。この城は常に虎倉城の重臣が守備した事からも、その重要さは伺えます。



勝山城 (せいひろ城、舟山城)
城主  宇都宮下総守貞綱(土井下総守三郎左衛門貞綱、土井治郎左衛門貞村、土井三郎右衛門貞兼

下土井にあり、山は低いが東と南は急斜面で東、南、西側は湿地帯となり天然の濠となっている要害の城で福山城と南北に対面する位置にあります。

城主は伊賀兵庫頭の子である伊賀貞綱が、当時将軍家から預人となっていた宇都宮若狭守朝之の養子となり、宇都宮下総守と号し、居城しました。身分は客分として扱われましたが、その子、治郎右衛門は在名を名乗り、土井と号し、伊勢守の郎党に戻って二万四千石の虎倉家老職でした。

妻女は、美作国高田(勝山)城主三浦能登守の娘であったので、高田城鎮守の玉藻宮を下土井に勧請し、土井氏の守護神として祀りました。現在は土井神社と称されています。

勝山城の由来は美作高田を勝山という事から勝山城と呼ぶようになったともいわれます。

虎倉合戦の際は、作戦により、さしたる抵抗もせずに開城して退いて、土井三郎右ヱ門が侍大将として活躍しましたが福山城下の沖坂において騎馬が興奮して暴走し討ち死にしました。
毛利氏は退却に際し、虎倉勢が長追いせずに、福山辺りから引き返したので、勝山城に防備をしいて引き上げたのですが、その後、毛利氏と伊賀氏は和睦し元の通り土井氏の居城となりました。



十力城
城主  伊賀伊勢守

福山城の東に隣接し旧加茂往来に面して、備中方面に対する備えとして築かれた城で有事の際は福山城と連携できるようになっています。
山の尾根にも拘わらず、南面は湿地隊でこれを天然の外濠としたようです。
城主は伊賀伊勢守の名がありますが、伊勢守は兵庫守の子で虎倉城主です。
伊勢守が備中の押さえとして築いた事から記載されたか、隠居後一時期在城したのでしょうか。



新山城  (阿瀬城)
城主  新山民部少輔益忠、新山益澄

伊賀兵庫頭行隆は虎倉城築城とともに、長田庄北部の守備として美作国境に近い新山の地に二男、民部少輔益忠を配置し、美作に対する押えと美作計略の基地としました。
城下を出雲街道が通り、美作通路の要衝で地下資源も豊富な土地です。
南に向かって三本に分かれた地形を利用し中央に一段高く本丸、西と東に本丸を守る形に出丸、丘と丘の谷間は段々に掘り空濠の役目となります。

天正二年の毛利氏侵攻の際は毛利本隊の侵攻通路なった事により、まず毛利軍北部方面隊山県三郎兵ヱの猛攻を受けました。
この時の城主は民部少輔益忠の子兵庫祐益澄でした。激しく抗戦し城は焼け落ち城主は討ち死にといいますが、益澄は福山城や上加茂の伏兵の将として名が出ていますので、城を焼き捨て撤退し、福山城に籠りさらに上加茂に集結したものと推測されます。

新山城の川向にも出丸があり、通称苅山城といいます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

野楽人(のらくんど)

Author:野楽人(のらくんど)

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。