スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧屋敷跡

旧吉川伊賀氏居館跡
これは、田園のどかな吉川の旧伊賀家跡地あたりを空撮したものです。
上方は北となります。
虎倉はこの写真からは右方向になります。
伊賀氏は虎倉城を出たあと、吉川千木の地に入りました。まずは丸山城の吉川氏をたより、仮所を定めたのでしょう。
神原備中の湯山や藤沢城等へも近く、当時の往来からは北に松山城へ向かう備中街道になります。
しかし、千木の地は地理的に隠れ凌ぐ事は出来ても、いざ戦闘になると、前方に視界が狭く打って出るのが単調になりやすい印象です。
千木から西庄田に移ったのはいつなのか正確にはわかりません。
関ヶ原で宇喜多が負け、宇喜多の出方を気にする必要がなくなってからと推測されますが、それ以前、伊賀家久が芸州へ西下する以前に段取りをつけ、移ったのかもしれませんし、、、。
足守藩木下公の統治下となり南方面に目を向けるようになってから、岡山街道を意識して吉川の中心地へ移ったのかもしれませんね。
西庄田の旧跡地は丸山城と比べてもその敷地の広さ、東に八丁畷と呼ばれる準平原地帯を持ち四方に視界が開け戦闘場も確保しています。一番裾地は切岸となっており、一部石垣作り、上部の屋敷周囲も帯状曲輪なみになっていました。
ここは、吉川八幡宮の北側となり、明治初頭までは吉川地区の中心部で寺子屋等もありました。
土地の上部は昭和の火災により焼失後、整地し跡形もなくなっていますが、五輪塔があったりした事は記憶にあります。
しかし、この土地ももはや、孟宗竹が蔓延り徐々に荒れてきています。山に還るのも時間の問題かもしれません。

iga010.gif
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

野楽人(のらくんど)

Author:野楽人(のらくんど)

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。