スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊賀氏関係諸家(1)

これより、伊賀氏関係諸家について記載いたします。
記載につきましては、直接、各家を伺いお話をお聞きすればいいのですが、幾分時間の都合もあり、出来ませんので、
  伊賀氏自家本 「虎倉城 伊賀氏一族」 発行責任者 円城伊賀家 伊賀清造氏  執筆 仁熊八郎氏
より、抜粋させていただき記載いたします。

いくらかのかたよりもあろうかと存じますので、取り敢えず記載し、皆さま、各諸家のご意見を頂き、後に加筆修正しながら展開していきたいと存じます。

のちのち、各家の伝承、虎倉後の各家としての歴、言い伝え等夫々の御宅を廻るなどして調査出来れば、と考えます。

ご了承のほど、お願い申し上げます。



吉川 伊賀家

吉川伊賀家は、虎倉城滅亡に伴い、虎倉城が宇喜多氏の勢力下となるに伴い、伊賀家久の一門は虎倉を逃れ、備中の辺境、吉川の地に浪居するに至り出来たものと思われます。
最初、千木の地に入り、後に西庄田に移り住んだものです。

もともと、吉川は伊賀出雲守の子孫であり丸山城主である吉川氏の根拠地であり、この吉川氏を頼ってこの地に逃れたものと思われます。
  吉川伊賀氏は、
  伊賀隆家(家久)―― 三郎左衛門昌則 ―― 兵衛尉 ―― 四郎右衛門 ―― 四郎左衛門 ―― 重衛門昌知 ―― 忠昌 ―― 源之丞 ―― 治郎衛門 
  となります。

江戸時代、吉川三庄官の一つとして、苗字、帯刀、裃着用を許されており、有名な吉川八幡宮大祭(当番祭)には神馬を供出する家系でした。

虎倉滅した後は、津山森藩に勤めていたようですが、井原へ転封の際、中老職を辞し農民になりました。
以後、地域にひっそりと隠匿し歴々過ごし、表舞台に出る事はありませんでした。

農に従し、月日は流れその間に、寺子屋をしたりした時期もありましたが、女系で繋いできた系譜となり地域に根付いてなんとか今日まで、吉川の地に過ごす事が出来ています。

大上(おおうえ)としての特記は、
  吉川の地に置いて2度の火災に見舞われています。
  一度は、三太郎の時代に、久米から奉公に来ていた少女が家に帰りたい一心で、家主三太郎が伊勢参りにいっている間に、火を放ち逃げ帰ったそうです。すぐに、飛脚が走り、旨を伝えたところ「西の倉は無事か」と尋ね、無事を告げると「大丈夫。家は建つ」と答えたと云われています。
 私が知っている配置では倉は東にありましたので、其の後いつの時代かに倉も建て替えられたのでしょうね。
  二度目は昭和37年に出火し、全焼したため、土地が高いと水の便が悪いとの理由から、山裾へ移転しました。


  今から数代前、広造の時、広造が神主山で博打を打ち負けて大きな借財を作ったそうです。
  
広造の後はその子慶治が相続し、弟俊造は家計を助けるため、アメリカへ渡り鉄道敷設等に従事し、定年後は日本へ戻りました。

 その時代、大上は貧し、畳ではなく筵を敷いていた時代もあるそうです。
しかし、嫡男の慶治がいましたので一家一丸となり苦難の時代を克服しました。

しかし、大それた事はできようもなく、無難に、静かに、淡々と生活をこなしてきたようです。


 当家より出ている家としては岡山市内花尻に伊賀姓にて一家、他は女系のため他家へ嫁ぎ、他姓となっています。他は県外においては鎌倉、神戸等に在しています。

 現在、私が再び生家に戻り生活していますが、後継は、一人のみ男子で現在、大阪に住しておりますが、吉川の地に戻る事は考えられないでしょう。


中倉(なかくら)は醤油製造をし、商店として一時期、隆盛しましたが、これも現在後の後継の不安を抱えています。


福重屋は、途中途絶え、難波氏より養子継続しましたが、町議会議員等に従事したのち、世代替わりし、安定して今日に至っています。


千木の伊賀家は、現在一家のみとなり、交流がなくなりましたが、後継も地に根付き住居も新築し、安定して生活されているようです。

また、平成に入っての事だと思いますが、道路工事の際、なぜか他家の墓石と同位置から伊賀の名が入った墓石が発見されています。
まだ、別に伊賀姓の家があったのかもしれません。
時間があれば、確認したいと思っています。

以上から、大元に戻り三郎左衛門まで戻れば同じなのでしょうが、後に分かれ、昭和の戦乱頃以降交流が稀になり、現在、吉川の地には西庄田の伊賀家と千木の伊賀家の2系統が存在しています。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

野楽人(のらくんど)

Author:野楽人(のらくんど)

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。