スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊賀氏関係諸家(4)

井原 土井家

 伊賀兵庫頭―― 伊賀勝隆―――伊賀久隆
       |
       ――民部少益忠
       |
       ――伊賀下総守三郎衛門、宇都宮若狭守時綱の養子となる
           |
  宇都宮村綱 ―――下総守三郎衛門貞綱――次郎兵衛――文右衛門――冶左衛門



 同家は下土井福島家と同様、伊賀兵庫頭の三男、伊賀下総守よりの出です。

 宇都宮家は、足利譜代の重臣で、関東公方持氏の叛乱により衰え、足利家の指図により、宇都宮時綱は伊賀家の客分となり、伊賀兵庫頭の三男、下総守三郎衛門貞綱を宇都宮家の養子としたが、貞綱は、何らかの理由により、伊賀伊勢守の郎党に戻り、土井氏と号して虎倉城の家老職を勤めました。
 土井家は、江戸時代初期に庄官となり、苗字、帯刀をゆるされ、代々庄屋をつとめました。



下土井 福島家(土井家)

 同家は、井原 土井家と同様伊賀下総守よりの出です。

伊賀兵庫頭―― 伊賀勝隆―――伊賀久隆
       |
       ――民部少益忠
       |
       ――伊賀下総守三郎衛門、宇都宮若狭守時綱の養子となる
           |
  宇都宮若狭守時綱 ―――下総守三郎衛門貞綱――貞村――貞親――貞兼――貞国―  ―正則

市郎兵衛貞国より四代後、六郎兵衛正則の時、作州大場郡草加部住人福島氏の養子となり以後、三浦家系図に継承されます。

福島家は、江戸時代初期に庄官となり、苗字、帯刀、裃着用を許され、庄屋を務めています。
江戸中期頃、神官となり、現在も加茂総社宮の宮司家です。
また、玉藻宮の社家でもあります。
土井治郎右衛門の妻女が三浦氏の出であったので、下土井来住の際、守り神として祭祠し、其の後、土井氏を継いだ福島氏も三浦氏の一族であったので、この宮を尊崇し、守護神としました。現在は土井神社と称されています。


竹荘 仁熊家

 仁熊家は、十九代伊賀兵庫頭より出て、竹荘仁熊に住し、仁熊氏と称しました。
 伊賀下総守が宇都宮家を継ぎ、伊賀氏客分となっていましたが、後に伊賀氏郎党に戻り家老となり、土井氏と称しましたので、替わって、伊賀兵庫頭の息 勝明が宇都宮家を継ぎ、若狭守と称しました。

 宇都宮家は北関東の名族で、「京都御扶持衆」として、将軍家の探題的な役にありましたが、関東公方足利持氏の反乱により衰えましたので、将軍義持公は宇都宮家を客分として、伊賀河内守に預けました。

 宇都宮若狭守勝明(仁熊若狭守)――勘兵衛勝吉と二代にわたり、大畑城(湯山城)の城主となりました。

 江戸時代には、松山城の古庄官として、苗字、帯刀、裃着用を許され、医師として松山城の藩医となり、明治、大正、昭和、そして現在まで一族医師を継承しています。

 伊賀兵庫頭――宇都宮若狭守勝明――仁熊勘兵衛勝吉――七兵衛尉勝之――勘兵衛尉勝忠――元甫勝久
                                 |
                                 ――勝賢



 高松平山には、竹荘仁熊家より分家した平山仁熊家があり、足守藩主より平山村開拓を依頼され、木下肥後守の士分に取り立てられて、二百石の扶持で処遇されました。



また、伊賀伊勢守は隠居し、昌信入道と号して、一子左京進を伴い竹荘仁熊、藤沢城に居城、後にその子孫が足守宮原村に移り、宮原城に居住し、阿曽仁熊家となりました。

                                       
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

野楽人(のらくんど)

Author:野楽人(のらくんど)

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。