スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊賀氏および虎倉城 関係 人物辞典

本文は制作時間の都合上、随時更新、追記とさせていただきます。(順不同)



明石景親(浦上→宇喜多)
    飛騨守 宇喜多家重臣
    明石氏は、赤松円心の裔で播州明石郡に封ぜられたので、その氏を名乗った。
    後、浦上宗景に仕え叙爵して飛騨守と号し、浦上氏滅亡後は宇喜多直家に属し、客分待遇を受けて、先祖よりの所領四万石を領し老臣以上の待遇を受ける。
    宇喜多家中随一の大身といい、和気郡働城、次いで磐梨郡熊野保木城、其の後、児島郡麦飯山城主となった。
    この飛騨守の娘が伊賀家久の妻で、嫡男は掃部頭全登で、父に次いで宇喜多家の国政を執った。

明石掃部頭全登(宇喜多)
    宇喜多家家臣。
    関ヶ原の役には西軍の先鋒を勤めたが、奮闘するも西軍が敗れてしまう。敗戦後は備中へ潜居し、大阪城両度の戦役には一万人の将となって善戦したが、終に敗走、行方知らずとなる。南蛮へ渡ったともいわれ、或いは美作に住すともいわれる。

赤松政則


伊賀公季
    木工頭

伊賀公助
    三河守

伊賀公宗

伊賀文郷
    隼人正

伊賀光郷
    刑部丞

伊賀四郎左衛門尉朝光
    伊賀前司  従五位下

伊賀光季
    左衛門尉 京都所司代 検非違使、判官

伊賀式部大夫光宗(光西)
    二郎 左衛門尉、政所執事、式部大夫引付衆

伊賀局
   伊賀朝光の娘で北条義時に嫁ぐ
   伊賀光宗らと共謀し、「伊賀氏の変」をおこした。子は、北条政村

伊賀朝光の女
   結城朝光の女

伊賀光資

伊賀朝行
   将軍頼経の近習、伊賀氏の乱により鎮西に流罪となるも翌年八月には許され復職。
伊賀光重
   将軍頼経の近習、朝行とともに伊賀氏の乱により鎮西に流罪となるも翌年八月には許され復職。
   しかし、五十二か所の所領の内、残されたのは八カ所のみ。
伊賀光高
   光季の子
伊賀光時
   光季の子
伊賀光義
   光季の子
伊賀季村
   光季の遺領、常陸国 塩籠荘を相続する。
伊賀光泰
   光宗の子、備前長田荘が与えられ、これにより、備前長田庄の領有が始まる。






宇喜多能家(浦上→宇喜多)

宇喜多直家(宇喜多)

宇喜多秀家(宇喜多、豊臣)

宇喜多詮家(宇喜多)

浮田忠家(宇喜多)
     安心

宇喜多春家(宇喜多)
     金川城主。伊賀家久の攻撃を受ける。

浦上宗助
浦上則宗



桂源左衛門(毛利)

河原六郎右衛門(虎倉城→毛利)

河田七郎(虎倉城)

河原源左衛門(虎倉城)


小早川隆景(毛利)






高橋四郎兵衛(毛利)
   作州皿山を宇喜多勢が攻めた際の毛利方の守将





北条義時

北条政村
伊賀局の子。幼名 京兆、伊賀朝光の孫にあたる。鎌倉騒動の後、評定衆、引付頭人、連署、執権職を務めた。






細川高国

花房助兵衛職之(宇喜多)

穂井田元清(毛利)

   虎倉合戦時、南部方面隊として虎倉城へ迫る

菱川右京亮勝行(虎倉城)
   虎倉重臣。豪勇で知られ、幾多の助勢に出陣している。虎倉古参株の武将。百坂城主。

菱川与兵衛(虎倉城)
   菱川右京亮の長男。百坂城主。
   昔の曽我兄弟にも佐藤兄弟にも劣らぬと評される勇士。
菱川与九郎(虎倉城)
   菱川右京亮の二男。小森城主。
   昔の曽我兄弟にも佐藤兄弟にも劣らぬと評され、虎倉の名代として数々に出陣、功を挙げる勇士。

肥田左馬助(毛利)
   作州皿山を宇喜多勢が攻めた際の毛利方の守将




松田左近将監

松田孫次郎

松田左門盛明



山名政豊

山名俊豊

山県三郎兵衛(毛利)






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

冒頭に明石父子が♪

野楽人さま、こんにちはです。
おお!明石様記事♪と色めき立ちましたら、人物名鑑で『あ』ゆえに冒頭に…ということで…。(赤面)
でも、明石様詳細をご記載くださり、どうもありがとうございます!!!

最近知ってしまったのですが…。明石パパ(景親)の3万余石のうち、半分ほどは、浦上から寝返った恩賞として、宇喜多から加増されたものなのだそうです…。
伊賀家への忠告も、ひょっとしたら、明石的したたかな計算あってのことだったかも…と、少し思ってしまっておりましたり…。
『人柄』までは、史料からはうかがい知ることが出来ない辺りで、真相が気になるところではあります…。

『伊賀氏および虎倉城 関係 人物辞典』の補完、引き続き、頑張ってくださいまし~~♪

Re: 冒頭に明石父子が♪

> ナタ55さま、おはようございます。
>
> 伊賀家への忠告も、ひょっとしたら、明石的したたかな計算あってのことだったかも…と、少し思ってしまっておりましたり…。
> 『人柄』までは、史料からはうかがい知ることが出来ない辺りで、真相が気になるところではあります…。
>
 たしかにそのとおりですね。

しかし、大丈夫でしょう。
伊賀の勢力は備前北西部から備中東部、美作南部ですので、明石とは所領に接点がありません。
伊賀氏は、浦上家とは、直接に利害で争う事はないですから、、、。

明石景親はやはり宇喜多一の大身で実力者でしたから、直家没後は宇喜多家中で明石に意見出来る者は少なかったのではないでしょうか?

直家も、伊賀の勢力を落とし、宇喜多に向かう力を削ぐ事と、自らが行ってきたように宇喜多が乗っ取られる危険を回避し、自分の亡き後も八郎でも宇喜多家の安定が図れるよう安心の確保を求めたでしょうから、ライバルの久隆が亡くなることによって安堵したものと思われます。其の後は虎倉攻めはしていませんから。

秀吉は、秀家に領土を与えお福の機嫌がとれればいいのでしょうし、、、。
虎倉は長船越中守が入場しても、伊賀家久の子である四郎左衛門は虎倉城内にいたといいますし、、、。

其の他の宇喜多家臣達は、虎倉が潰れようとあまり関係ないですよね。
まあ、少しでも自分の食い扶持として分け与えてくれれば喜びもするでしょうが、、、。
それより、いままで、毛利の侵攻は備中から虎倉を避け、美作へ、そして備前へのコースでしたが、北の守備は一手に伊賀が行っていたのですから「えらいこっちゃ。もう、大変やんか~」てなもんでしょう。
防備や戦力以外では、外様で勢力が在りすぎましたので、快くは思っていなかったでしょう。
カテゴリ
プロフィール

野楽人(のらくんど)

Author:野楽人(のらくんど)

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。