スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天正二年(1574)四月 虎倉合戦(加茂崩れ)

 天正元年、織田信長はついに京都へ上り天下の覇者となるべく立場を固めるところまできました。
毛利氏は、永禄二年より、備中に釘付けにされたままでした。そこで、毛利氏は大将毛利輝元自ら芸州を出陣、副将小早川隆景は沼田の城を出立、毛利本隊の芸州勢の精鋭により、一挙に備前の要衝 虎倉城攻略を企てました。

毛利の大軍の前に周辺の出城、国境付近はあっという間に落とされていきました。

そして、四月十四日、虎倉城の攻防、虎倉合戦、毛利方のいう加茂崩れとなります。

旧暦4月14、15日
(6月3、4日) は 虎倉合戦の日 です!

多くの人々が、命をかけて守るべきもののため意地を懸け、血汐をたぎらせ、義に、忠に従い礎となりました。今一度、謹んで平伏いたします。


 戦国乱世の備前平野にひと際の光彩を放った知謀の将 伊賀久隆
 天正7年旧暦3月16日(5月6日) 七十余歳 にて没す

皆さま、虎倉に向かい、胸の内に拝して下さいませ!




←本編をお読みいただける方は、左カテゴリーより、順次お進み下さいませ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰あいすみません

野楽人さま、こんにちはです。
ご無沙汰ご無礼しております。天正二年の虎倉合戦から、天正七年に久隆公がお亡くなりになられるまでの間、天下の情勢としても、まさに激動…という時期でもありますが…。
織田と毛利が激突する最前線となった備前の情勢は、ほんに凄まじい変転の連続だったのでしょうね…。
また折々に、勉強させていただきたく思います。

そして…。ツイッターのkagataro様へのご挨拶をしそびれてしまい…。あいすみません!!あの場では、何となく人見知りになってしまいまして…。(平伏)
改めまして、宜しくお願いいたします。

Re: ご無沙汰あいすみません

ナタ55さま、こんにちは。
こちらこそ、ご無沙汰しております。

そうなんです。twitterではkagataroとして存在しておりますが、脱線するためにはよいのかと…。

お邪魔しては悪いかと、お声をかけず拝見させていただいていりました。

こちらこそ、よろしく宜しくお願いいたします。そして、またいつか、備前へも御越し下さいませ。お足位は勤めさせて頂きます。
カテゴリ
プロフィール

野楽人(のらくんど)

Author:野楽人(のらくんど)

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。