スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇喜多直家、伊賀家久に毒を盛る!(Twitter投稿まとめ)その一

ツイッター投稿のまとめです。



天正六年、宇喜多氏は毛利氏の先鋒として上月城に出陣。信長は秀吉に四万余騎を与え出陣。
しかし、信長は八万の援軍を明石から進めず秀吉に退陣を命じました。
そのために、尼子氏は滅亡、山中鹿之助は捕らえられて高梁川阿部の渡しで討たれました。

この合戦には、伊賀氏も毛利方として出陣しましたが、宇喜多直家は「病気になっちゃったんだよね。久隆ちゃん、たのむね」って軍勢だけを送り自分の軍勢には「目立って先に動いて秀吉ちゃんの機嫌をそこねたらいけんぞ。じゃあね、ガンバ!」と送りだしました。

直家「必死で頑張って、秀吉ちゃんや信長さまの機嫌そこねたら、えらいこっちゃ」
「やっぱり、義昭公より、次は信長さまの時代じゃろう。毛利についとっても危ないかもしれんから、隠れて様子を見とこっと」

直家「ヒィエー!。やっぱ、秀吉は怖いでえ。火ぃ付けて生きたまま焼き殺されたらたまらんけんのぉ」
「はよ~、信長に取持ちをたのんだほうがええなぁ」

直家「信長に取り入ろうとしたら、また、あのクソ堅い伊賀久隆が怒るわな。」
「あいつが毛利と一緒に攻めこんできたら、大変じゃ。」
「あいつは、ケンカ強いし、土地もよーけもってるし、わしが体力のーなったら、八郎ではやられるかもしれんから、今の内になんとかせにゃぁいけんなぁ」

直家「えー事、おもいついたわ。あいつが、岡山屋敷におる時に饗応するとゆうて城へ呼ぼっと。」

「久隆ちゃーん、上月城はお疲れ!俺、いけなかったからお詫びと祝勝会かねて、食事会するからきてね!」



伊賀久隆「直家から饗応の誘いを受けたが、危ないわなぁ~。」
「世間ではみんな、宇喜多は毛利(将軍義昭公)を裏切って織田に近づこうとしているって言ってるし、、、。」
「それでも確かめんとどうにもならんからいってみるとするか。」

直家「久隆ちゃん、出来るだけ、虎倉城の重要どころも一緒にきてぇよう。」(そーしたら、一気に片がついてうれしいもんね)

直家「久隆を饗応に誘って虎倉城乗っ取りの段取りはできたけぇ、はよう小西寿徳を通じて秀吉ちゃんと信長公に周旋の段取りをすすめようっと」

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

野楽人(のらくんど)

Author:野楽人(のらくんど)

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。